ブログトップ

真夜中のサイレントセッション ~朝までマイノリティー~

silent69.exblog.jp

真夜中のサイレントセッション オフィシャル ブログ

カテゴリ:サイレントセッション( 11 )

ほとんどやるやる詐欺になってます。

場所も決まりそうで決まらないという現状です。

ま、気長に探しますw
[PR]
by asamademinority | 2013-01-21 16:33 | サイレントセッション
西荻窪のロック食堂から始まったサイレントセッションですが、そのお店が現在無い為、新しい場所を探しています。いつになるやら分かりませんが、最近ちょっとモチベーションも上がっているのでその気にになっていますw
暫く、今暫く!お待ちを~。
[PR]
by asamademinority | 2012-08-21 23:17 | サイレントセッション

今回は実験的にアンプラグドという事でやってみました。 

参加された方は二胡、フルート、リコーダー、鼻笛などで、

笛率が非常に高いセッションでした。因みに私はカホンとボンゴでの参加です。

コード楽器が無い為、音と音の間は無闇に埋まることなく

音の加減によって、聴いた事の無い音楽が瞬間的に成立し、

消えていきました。


このサイレントセッションの目指すところでもあります。

そして、今回アンプラグドのルールを用いた事で、多くの効果を得る事ができました。

次回も何かしらルールを用意したいと思います。

近日中に次回サイレントセッションを告知させて頂きます。
[PR]
by asamademinority | 2011-04-05 00:17 | サイレントセッション

二度目の真夜中のサイレントセッションは、前回の反省をふまえて、

実験的にではありますが、アンプラグドで開催します。


基本的には「弱音楽器」の為のサイレントセッションです。

これをメインテーマにした一番の理由は、通常行われるジャムセッションには

参加自体が敬遠されがちなカリンバや、タブラ、口琴等の「弱音楽器」のセッション

をやったらどうなるか?せっかくだから演奏者自体が少ない

HangやHapi Drumやクリスタルボール等の珍しい楽器が入っても面白いんじゃないか?

と、いう好奇心からです。


通常のセッションと違う点は参加される方の音楽的背景が恐らく大きく違いますので、

なかなか方向性や着地地点が見えてきません。でもそれはそれで構いません。盛り上がる

必要はありません。淡々と音で会話する様に進行していったらいいなと思います。




4/2 サイレントセッション概要


①アンプラグド(今回は電気楽器の方ごめんなさい)

②参加者が同時に演奏する場合は、最大4名迄と致します。
(演奏者同士が離れると必然的に音量が上がる為)

③15~20分位で演奏者を入れ替えていきます。




それでは4/2  23~翌4時   西荻窪 THE ロック食堂  

参加費¥500+1オーダー



お待ちしてます!!
[PR]
by asamademinority | 2011-03-25 02:05 | サイレントセッション
昨夜は、ほぼ実験に近い・・? 真夜中のサイレントセッションを開催いたしました。

ご参加頂いた方、ロック食堂スタッフ、オーナーに感謝致します。

参加者は少なかったですが、開催場所の規模を考えると丁度良かったかなと思います。

また、確認したかった事例が、ある意味予想通り起きた事で、一応成功・・・?と、思っています(笑)

また、昨夜後半は、「たま」の石川さん、知久さんも参加して頂き大変盛り上がりました。

サイレントセッションなんですが・・(笑)

昨夜の反省を糧に、次回4/2(土)の第二回 真夜中のサイレントセッションに

反映させていきたいと思います。詳細は追って掲載致します。お楽しみに。
[PR]
by asamademinority | 2011-03-20 22:38 | サイレントセッション
THE ロック食堂が対象地域に入っていた地域含め、3連休中の輪番停電は回避されました。

予定通り、粛々とサイレントセッション行いますので宜しくお願い致します
[PR]
by asamademinority | 2011-03-19 04:16 | サイレントセッション
いよいよ明日は、
第一回 真夜中のサイレントセッションです。


そしてなんと、開催場所の THE ロック食堂が 輪番停電の対象地域になっています。

セッション開催時刻の23:00には停電も解消されているはずですが、延びる可能性も考えられます。

開催するお店が停電から復帰して、何らかのトラブルもある可能性も否定できません。

前例の無いセッションに、前例の無い停電が重なりました(笑)

これを、正に、サイレントセッションの為の演出と考えていただければ幸いかと思います。

電気楽器の方はもしかしたら時間によって不自由するかもしれませんが、生の弱音楽器は

暗闇でも、蝋燭の灯りでもできます。 ん~~考えるだけで楽しそう!!

そして、何よりも既に口の中が「THE ロック食堂」 
ナナオシェフの作る秋田の郷土料理


なっているので延期や自粛は考えられません(笑) 






第一回 真夜中のサイレントセッション 
 ~朝までマイノリティー~


  3月19日(土) 23:00 ~ 翌4:00    
¥500+ワンオーダー


※一般のお客様も\500で、途中からお気軽にセッションに参加出来ます。
※テノリオン、カオシレーター、wavedrum等  ¥500/1h で、ご利用できます。
※アンプを使用した楽器の同時参加には限りがありますのでご理解下さい。


場所  西荻窪 「THE"ロック"食堂」 内 "The Factory"
http://the-rock-cafe.jimdo.com/information/map/


是非、参加表明お願い致します



※ セッション参加概要、及び趣旨:
http://the-rock-cafe.jimdo.com/live/live-21/

セッション参加者のみ、入場時にチャージ \500 + 最低1オーダー(Drink、または Food)をして戴きます。尚、一般のお客様も\500で、途中からお気軽にセッションに参加出来ます。

セッション参加者は、事前に、お名前、使用楽器、また演奏歴等をノートに記入して戴き、それを元にホストがテンポを決め、会話が出来る位の音量で、音楽の流れを見ながら、参加者を加減したり、多少のダイナミクスをつけながら進行致します。

タブラ、カリンバ、パンデイロ、ウドゥ・ドラム、リコーダー、ピアニカ、そして、セッションでは白い目で見られがちな、WavedrumやHandsonicのデジタル・パーカッション、テノリオン、カオシレーター、またDS-10等々・・・、使用可能です。勿論VoiceもOK! 通常のセッションでは参加すらさせて貰えない様な、マイナーな弱音楽器の為の珍しい、類い稀なセッションです!
d0226752_2271950.jpg
d0226752_227953.jpg
d0226752_2265917.jpg

[PR]
by asamademinority | 2011-03-18 22:10 | サイレントセッション
この度被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
また、多くの方々が尊い命を失われたことに対しましては、重ねて深くお悔やみ申し上げます。



こんな時だからこそ、3/19のサイレントセッションは予定通り開催致します。

 そして、楽しみたいと思います。

「こんな時に不謹慎だ」「自粛すべきだ」と、いう意見もあるかと思いますが、

「生命」は一瞬一瞬その場にあると考えています。過去にも無ければ、未来にもありません。

「生」に対し真摯に取り組むという事は、「今」この場の「生」を満喫する事

だと思っています。当然ですが、人生は自分自身のものです。誰も他人の人生を歩む事は出来ません。

なので、19日僕は楽しみます。誰の物でも無い音楽を、多くの方と共有し、楽しみたいと思います。

3/19 真夜中のサイレントセッション  
@西荻窪THE ロック食堂  宜しくお願い致します。

また、4/2 (土) に第二回目のサイレントセッションを行います。

こちらも宜しくお願い致します。
[PR]
by asamademinority | 2011-03-15 00:53 | サイレントセッション
誤解を招くといけないので、前稿の補足です。

「自発性と責任」と、書くと字面だけでも充分固いですが、その固い字面を

支える意識と肉体は超リラックスして「ゆる~く」

なっていないといけません。

肉体は勿論の事、特に意識が緊張していると、

音楽への集中力が充分に発揮できません。

なので、むしろ積極的にリラックスして、その状態で生成される音楽を

骨の髄まで楽しんで下さい。
[PR]
by asamademinority | 2011-03-09 20:24 | サイレントセッション
何故サイレントセッションなのか?

それは  開催場所の「THE ロック食堂」は、ライブハウスでもなく、スタジオでもない為、真夜中に大きな音は出せません。

と、いうのが一番大きな物理的理由です。しかし音楽を演奏するのに大きな音が必要なの

か? という事を考えると、決してそうではありません。音響の発達の歴史をみれば明らかです。 

ダイナミクスはありますが、基本的に会話が出来るくらいの音量で充分なはずです。 

その程度の音量でリラックスしながらセッションし、美味しい酒と料理を楽しみたい。

というのが今回 第一 真夜中のサイレントセッションの開催動機です。

そして今回は、珍しい楽器の演奏者の参加表明もあり、物凄く楽しみにしています。
 
[PR]
by asamademinority | 2011-03-07 12:39 | サイレントセッション